きっかけはF4!!、ですが今ではすっかり周杰倫迷。気まぐれに更新しています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

タンタン中国語版
えーがで話題のタンタンシリーズ「青い蓮」中国語版をお正月に読み終えよう、と思っておりましたが、こちら参照
結構文字が多く、時間がかかり、やっと今日読み終えました。
思えば2005年8月に上海の本屋さんで可愛らしい表紙に惹かれ買ったものの、難しくて「積読」放置しておりました。
で、今回挫折しないために決めたことは「辞書を引かない」こと。
マンガだから絵で伝わることもあるし、わからない単語に出会うたびに辞書ひいてたら先に進めないので。
とりあえずわからない文字は鉛筆で○印つけてます。←でも、読み飛ばし
とはいえ、以前は読めないから放置していたものが読めるようになったんだから、
歩みは遅いですが、少しは成長(笑)してるのだよねー、と、自画自賛しておくww
意外と?ストーリーは理解できたつもり、ですが、気が向いたら辞書を引き引き再読したいと思います。
今度は1月末目標かなぁwwま、延びるとは思いますが。
中国・上海を舞台にした「青い蓮」、こども図書館ドットコムによると、作者のエルジェには中国人の友人がいたようで、そういう友人関係にも作品の影響はあるのか、タンタンは中国の味方であり、日本はどこまでも悪いヤツでした。
盧溝橋事件、国連脱退など史実に基づいた部分もあり、
そこらへんのことを考えたら、日本人=極悪でもしかたないのか?
ルックスも全員「メガネ、ブタ鼻、出っ歯」でございますww
でも、勧善懲悪で、テンポよくストーリーが進んでいくので、読みやすかったです。
割とご都合主義っぽいところもありはしますがww
(少年記者=タンタン、自動車を運転はまだいいけど、戦車を運転できたり一体何者?とかww)
他のタンタンシリーズも読みたくなりました。「~月へ行く」とか題名だけでワクワクしますな^^

言うだけ番長はとりあえず回避^^;
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
Copyright © ・・・我的愛. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。