FC2ブログ
きっかけはF4!!、ですが今ではすっかり周杰倫迷。気まぐれに更新しています。

ホントはよく知らない台湾のこと
高雄でのサイン会で杰倫は現在の台湾の政局について聞かれてました。

南下高雄簽唱 周杰倫苦笑 拒答政治立場問題
高雄サイン会

唐突な質問ですが(「あなたの音楽活動が今の政局に影響を与えると思いますか?」というような内容)、それだけどちらも注目を集めているのでしょう。でも、なんか言えば、揚げ足を取られるんだろうな。

今ニュースでも話題になっているけど、台湾はデモ続きのよう。
yahoo!9/15
yahoo!9/16

何がどうなっているのか、さっぱりわからない。
やっと最近小林よしのりの「台湾論」を読んだ。

以下、感想。
ジェイのおばあちゃん(外婆)はとても親日家。
「D調的華麗」には「日本の古い歌を杰倫に聞かせていた」とおっしゃっていました。周杰倫日本演唱会で歌った「桃太郎」は杰倫にとっては子供のころの思い出の歌のようです。
でも、台湾の歴史をよく知らない私にはそれがすごく不思議でなりませんでした。台湾だけがなぜ親日的なのだろうと。

この本は軍隊を美化している感がありますが、台湾の歴史、文化、政治についてわかりやすく書かれていて、(マンガだし)あっという間に読んでしまいました。
親日家が多いわけも少しだけわかったような気がする。
でも数年前の本なので今の情勢とは変わってしまったところもあります。もう少し関連本や違う意見の本を読んで理解を深めていきたいなぁ。

新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論
小林 よしのり

小学館 2000-10
売り上げランキング : 9474

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい
蔡 焜燦

小学館 2001-08
売り上げランキング : 1595

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト



web拍手 by FC2

Comment

 秘密にする

確かに…
ジェイのおばあちゃんやジェイを含め台湾人の方々(特に若者)は日本によく買い物に
来たり、日本のことをとてもよく思ってくれているようだけど、何で?と思うことは
あるので、本読んでみようかな?ていうかいい気持ちでサインしてたのに急に
聞かれてもジェイだって、言った一言がなんて書かれるか心配だろうし本当に
難しいでしょうね。一方、今回のサイン会はどこも黒で、どれもカッコよかったですね♪
日本の方で3箇所とも行った方もいるようですね~素晴らしい+.(*'v`*)゜+

>>ビビアン
   ほんと何て可愛い人なんでしょう!1番羨ましいのは肌の白さ&綺麗さです♥
mickey | URL | 2006/09/19/Tue 11:59[EDIT]
台湾論、私も読みました。ある一面を知るには、参考になるかと思いました。
司馬さんの街道を行くシリーズに台湾編もあるので、(かなり前の本ですが。)
そちらを読みかけて、ほったらかしです。汗。
最近のものだと、今年初めに出た集英社新書のが読みやすかったです。
内容はこれも主観が強いというカンジがしましたけど、
いろいろなのを読むと、さまざまな面があるのがわかってきます。
liuliuさん、現地もいつか見てきてね☆
JAYの話題にふれられなくてゴメンなさいっ。
こちらでMV拝見させていただきます~♪
むむ | URL | 2006/09/19/Tue 15:53[EDIT]
政治はなかなか難しいです。
台湾は今の自由を手に入れてまだ20年しか経ってないんですよね。
しかも、「独立国」として認められていないし。
いろんな意味で不安定な要素は多いような気がします。
それだけに政治に対する関心は高いと思います。(選挙はお祭り騒ぎだしw)
日本から台湾の政治情勢を掴むのはなかなか難しいですよね。

あ、むむさんが書かれている、司馬遼太郎さんの「街道をゆく(40) 台湾紀行」。
私も読みました。
12~3年前に書かれた文章ですが、台湾関連本では、いまだにこれの右に出るものはないと言われてますので、もし読んだ事がないようだったら読んでみて下さいね。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022641487/
みく | URL | 2006/09/19/Tue 21:33[EDIT]
mickeyさん
>今回のサイン会はどこも黒
珍しいですよねー、黒って。でもよくお似合いでした。
日本から行かれた方も大満足だったでしょうね(^^)
上記の本、台湾のことを手軽に知るにはオススメです。
ちょっと強引(だからゴーマニズム)だけどね。
liuliu | URL | 2006/09/19/Tue 22:57[EDIT]
むむさん
実はむむさんやみくさんが台湾関連の本を読んでいると
知ってから何か読んでみようと思っていたんです。
司馬遼太郎の「街道を行く」は「~日本精神」の蔡さんが
登場するということなので次に読もうと思ってました(^^)
>今年初めに出た集英社新書
読書の秋ですし、興味が沸いてきたので探してみます。
で、いつか「憧れの地」に上陸するぞ~!!
私こそ、旭に全く触れてなくてすみません~
(祭りだったのに・・・)懲りずにまた来て下さいね!
liuliu | URL | 2006/09/19/Tue 23:14[EDIT]
参考に
わたしも台湾や中国の歴史にはとっても興味がありますっ。
liuliuさんがあげてくださった本、よんだことなにので、今度参考にさせてくださいませ。
台北サイン会へいったとき、陳総統賄賂疑惑で政変を唱える人々のデモが始まったばかりでした・・・がまだ続いているんですねぇ。わたしもずぶぬれで9時間ならびましたが、たしかこの方達は徹夜というか、陳総統が降りるまでずっとデモとかいってて、私なんてまだまだねっ(笑)と思ったほどです。台湾の人って、こんなに政治に熱いんだっ。日本もいよいよ内閣かわるけれど、見習わないと!しかし、杰倫が答えたら、影響大!なんと書かれるかわかんないんだし、答えるわけがないじゃないですかねぇ。
台湾から帰国するとき、空港へおくってくれたガイドさんが、突然、私に「70年前、みなさんのおじいいさんおばあさんに、鉄道・水道・電気をつくっていただいてありがとうございました」といきなり深々お礼を言われて、びっくり。「いえいえ、こちらこそ。とんでもございません」とわけのわかんない挨拶(笑)
本当にアジアでこれほど親日の国は台湾だけ・・・・ですよね。
やよい | URL | 2006/09/19/Tue 23:42[EDIT]
みくさん
みくさんのブログでも紹介されていましたね司馬遼太郎。
あの紹介文があったからこそこういう本を読んでみようと思ったんです。
新しいドアを開けた気がしますよー、みくさん、むむさんありがとう☆
やっぱり次はこの本に決定です(^^)


liuliu | URL | 2006/09/19/Tue 23:45[EDIT]
やよいさん
サイン会のときもデモだったのですね。
無事で何よりでした。
私の届かない周杰倫CDもどうも情勢不安と関係があるらしく・・・
いつになるのやら(T_T)
上に上げた本のなかにも台湾の方が植民地時代の日本にとても感謝してる様子が描かれています。(そういった側面にクローズアップした本なのですが)
コメント、台湾でやよいさんが肌で感じたことをひしひしと伝わってきました。
私も近い将来、憧れの地でステキなJAYに会って、台湾の風を感じたい~
結局は行き着く先はJAYになっちゃった(^_^;)
liuliu | URL | 2006/09/20/Wed 00:00[EDIT]
liuliuさん、レスありがとうございました。
みくさんはじめ、他のみなさまのレスもふむふむ、と読ませていただきました。
ありがとうございます。
それにしても、私の昔の記事がきっかけだったとは!! 光栄ですわん☆
やはり、この秋、どこかに埋もれているままの(汗)司馬さん文庫を、
探し出して読みたいと思います。
また感想でみなさまとわいわいできたらと思います~。
(JAYのMV、よかったです。感涙。
どうして彼の曲を聴くと涙がでちゃうのでしょうね。苦笑)
…某お兄さんはものすごく日本語を頑張って、成果を披露したらしいっす。
ある意味、同学?! ^^;
むむ | URL | 2006/09/20/Wed 20:32[EDIT]
むむ学姐~
中国語を知らない我がオフ友もJAYを気に入って
「なぜか泣ける」のだと言っていました。
切ない声が涙を誘うのでしょうか?
司馬さん文庫といえば私も昨年上海のお供として
「江南編」を連れて行きましたが、土瓶の持ち手の項目で
脱落したままになっています(^_^;)
あれも読まなくっちゃ。
>某お兄さん
彼はホントに努力家ですね!聞きましたよー
同学どころか、もう私は負けてます・・・
liuliu | URL | 2006/09/20/Wed 23:32[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © ・・・我的愛. all rights reserved.