きっかけはF4!!、ですが今ではすっかり周杰倫迷。気まぐれに更新しています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

三国志
毎度毎度のご挨拶となりつつありますが、

お久しぶりです。

またまた、の話題じゃなくてスミマセン。
200904ms
(以前ほど頻繁ではありませんけど、
相変わらず画像集めてたりもしてるんですよ。。。)

今日は映画を見た感想をば。

「秘密」を唯一県内で上映していたとある映画館へ
今日はアンディラウ主演の「三国志」を見に行ってきました。

sangokushi1
タイトル:「三国志」  
原題《三国之見龍卸甲》
2008年、中国 102分
sina
公式HP
三国志といえば、レッドクリフが最近の話題作ではありますが、
(私も1,2とも見ました)
こちらもなかなかよかったと思います。
・・・でも、人に勧めるなら
愉快!痛快!明快!!なレッドクリフにしておきます(笑

この「三国志」での主役はアンディラウ演じる趙雲子龍。
劉備軍の五虎大将だそうで。
(歴史には弱いんで、間違ってたらスマソ)
戦云々とか、史実というよりも
趙雲の生き様に焦点を当てストーリーが進んでいくので、
英雄たちが活躍する「三国志」を期待していくと
がっかりしてしまうかもしれません。


レッドクリフpart1と同様、
劉備の息子=赤ん坊の阿斗を趙雲が救出する場面がでてきます。

レッドクリフでは敵をバッタバッタなぎ倒す、
胸のすくようなアクションシーンですけど、
こちら三国志では・・・最終的に阿斗を救い出すには救い出しますが、
結構苦戦していて、見ている間息苦しくなりました(笑
(他の戦いのシーンはもっと呼吸困難ですので、要注意!)

この映画のアンディ・ラウは、私が今まで知ってた
いわゆるカッコイイ、卒のないキャラではなくて、
恐ろしいほど鬼気迫る勢いの武将そのものでした。
ずっと芸能界の一線で活躍し続けている自分と
どこか重なる部分があるのかもしれません。

中でもラストシーンでの馬上の後姿は
すっとまっすぐで、迷いなどなく見えて
とても印象的でした。



sangokushi2

そして、ホントにちょっとだけ出てた某Vクン。
「スターランナー」の監督作品だからかな?


ついつい長くなってしまいました
また気まぐれでこんなの書いてみましたが、
お付き合いくださった方ありがとうございます。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
Copyright © ・・・我的愛. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。