きっかけはF4!!、ですが今ではすっかり周杰倫迷。気まぐれに更新しています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

映画『トーテム Song for home』
以前何度かご紹介した圖騰(totem)のドキュメンタリー映画「トーテム Song for home」が10/24より公開になるそうです。監督は日本人カメラマン若木信吾さんで、2作目の映画だそうです。
アジアンパラダイスより)

それに伴ってボーカルのSumingが来日、それも『奇怪ねー』著者の青木由香さんと、ですよ。
(・・・青木由香さんのご紹介はまた後日。)
この映画、田舎ではDVD化されるまで待たなきゃ無理かなー・・・
数少ない単館系の映画館でいつか上映されますように。

公式HP
映画『トーテム Song for home』News

<

圖騰(totem)は台湾の複数の少数民族出身のメンバーによるバンド。
私が知ったキッカケは『奇怪ねー』(青木由香著)と↓この「我不是周杰倫」(僕はジェイチョウじゃない)と言う曲。

しかし、この動画(爆)この大学生風の男の子が自作したのかな?
初めて見たけど、テロップとか細かいところもジェイさんのまねしてるのねー(笑)


歌詞はどんな内容かと言うと
「僕はジェイチョウじゃない 双截棍(=ヌンチャク)なんて出来ない
僕のお嫁さんになる娘なんていない 僕は貧乏だから
僕はジェイチョウじゃない 僕はずっと結婚したいと思ってる
でも、彼女がいない 夢見ることしか出来ない・・・」

って感じの歌詞。(妄想訳ですので、あんまり信用しないでクダサイ)

日本にいると実感が沸かないけど、こうして他のバンドの歌のタイトルになるくらい・・・アイコン化するほど、ジェイチョウって人は大明星なのだと実感させられた曲でもあります。

圖騰(totem)に話を戻します。
少数民族のルーツを感じる曲もあるし、ボサノバ風の曲もあるけど、一言で言うとロックかな(私見です)。
一時期、以前に記事上げた頃はよく聞いてました。久々にこうして聞いてもなかなかいい感じ。和むし、癒される^^
またドライブしているときとか休日に聞きたいな。


過去記事
我不是周杰倫
音楽人協会が選ぶ10大アルバム
我不是周杰倫(中文~修改)
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © ・・・我的愛. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。